地震対策・防災用品グッズ・地震保険の情報を集めてます

地震保険は入るべきか?

地震対策グッズ,防災用品,地震保険

東日本で地震の怖さをテレビを通して感じ取った方はかなりおられると思います。
現在は、東京でも震度7クラスの地震が起きる可能性があると言われ、地震対策グッズの準備を進めている方も多数います。

 

そんな中、私のサイトによく来る質問に
地震保険に入っていません…入ったほうがいいですか?」

 

という内容が度々きますので、ご紹介させて頂きます。

 

地震保険に入るべきか?

 

結論から言えば【YES】です。

 

お金もかかることなので、家計の状況などにより選択していけばいいと思いますが、地震保険に入っておくことに越したことはありません。

 

なぜなら、地震保険に入っていないと、地震が原因で起こった火災に対して、保険金は支払われません。
阪神淡路の震災でご存知のように 地震が起因する火災だったので、火災保険に入っていても補償をもらえない方が多くいました。かと言って、地震の場合に 国や県が助けてくれるのは 極僅か(新潟の地震の場合 全壊で約 300万円:新聞の報道より)です。

 

地震対策グッズ,防災用品,地震保険

地震保険のデメリットとして、全額保証される訳ではなく、建物については保険金額の50%もしくは5,000万円が上限、家財については保険金額の50%もしくは1,000万円が加入の上限となります。家が倒壊しても新築を立てれるわけではないです。ですが、ある程度のまとまったお金が貰えれば当面の生活ができ、次に向けての準備ができます。アパートなどを借りる資金にもなります。
地震に対して国や県からの直接的な保障はありませんので、あくまでも自分たちの過去にした選択が自分たちを守ります。地震を心配されるなら加入すべきだと考えています。

 

地震保険を簡単チェック&資料請求してみよう

保険のチェックには下記のサイトをよく使います。パッと見て情報が多く見辛いですが、日本最大級の保険比較サイトなので様々な種類の保険があり、このサイト1つでほぼ全ての保険をチェックできます。
一括見積もりもできるので、一度ページをご覧になるといいですよ。

 

 

見積の仕方

地震対策グッズ,防災用品,地震保険

↑上記のバナーをクリックすると、右の画面に移動しますので、そこから【地震保険】をクリックします。

 

地震対策グッズ,防災用品,地震保険

年齢と性別を入力して、右のボタンをクリックします。

 

地震対策グッズ,防災用品,地震保険

表示された結果から気になる保険の右側にあるチェックボックスにチェックを入れて、「まとめて資料請求」のボタンを押すと、届け先の画面が表示され、入力完了から数日で地震保険の資料届きます。

 

震災被害に合う前に、しっかりチェックして、地震に備えましょう!

 

東海地方のことですが、大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言が発令された場合、一定期間は地震保険に加入することができません。これは駆け込み契約により保険料と支払保険金の額のバランスが崩れて、保険制度が意味をなさなくなる可能性があるからです。自分たちの地域ではどうか調べておく必要があります。