明かりはなくなる

jishin-itumo-note3明かりは心の安定剤。
乾電池は重要です。

jishin-tyokugo04

 

 

- – -画像が見れない方のための文章の書き起こし- – -

 

明かりはなくなる

暗さは人間に恐怖を呼び起こします。
明かりがないのは相当に辛いことです。
だから、懐中電灯やろうそくなどは準備してあると便利です。
心を確かに保ってくれます。
何でも明かりの点くもの。
時計など、専門の照明でなくても、光るものは心をほっとさせます。
ただし、電気はほかのインフラと比べるとかなり早く復旧するようです。

食事の時ぐらいはろうそくで十分
「ろうそくもある。
 食事の時ぐらいはろうそくで十分。
 震災の時は実際に使ったよ。
 長いものは倒れると危ないから、低くて安定するものを。
 100均でもあるよ」

懐中電灯は手じかに
「懐中電灯、はきものは手じかに」

「山登り用の懐中電灯・笛・水を用意している」

「ライト……真っ暗になった時、一筋の光の心の安定のために」

電池がなかった
「電池がなかった。
 つぶれた電気屋さんが砂まみれの電池を売っていたので買った。
 それもうれしかったねぇ」

「スニーカー、電池は置いている」

「懐中電灯、携帯ラジオ等最近では充電式も出ているが、電池式もまだまだ多い。
 今は電池を入れ替えた年月日をメモにして入れている。
 そうすると約一年過ぎたと思うとき、取り替えようと分かります」

 

 

 

~地震イツモノートについて~
jishin-itumo-note

あなたの今の防災・地震対策で準備は万全ですか?
では、【キモチの防災・地震対策】
       …大丈夫ですか?

地震イツモノートは、阪神・淡路大震災の被災者167人の体験や考えをもとに書かれた本当に必要な対策情報…『キモチの防災マニュアル』です。

私の読んだ感想ではありますが、こちら↓にあります。何かの参考になれば嬉しいです。

地震イツモノートを読み終えての感想
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。