街の風景が変わってしまう

jishin-itumo-note3震災直後は迷子になりやすい。

jishin-tyokugo26

 

 

- – -画像が見れない方のための文章の書き起こし- – -

 

街の風景が変わってしまう

たとえば自分の家が無くなれば、それまで起点として身体が覚えていた場所が無くなり、土地勘が狂ってしまいます。
ランドマークのいくつかも失われます。
新たに、自分の中でのコンパスを立て直さなくてはなりません。
道を覚え直し、方向を意識し直す。
まず自分の中に野生の勘を呼び戻すことです。

街のことを知っておく
「お風呂屋さんの位置など地域のことを日ごろから知っておく」

「家族で決め事をしている。
 避難ルートは二つ決めている。
 震災のときは崩れているところが多く、
 必ずしも一つの道でたどりつけるとは限らない。
 昼間の場合は家族で決めた避難所で会うことにしている。
 先に行ったものは一人で行動せず、待つように」

「家族で家の近くを歩いて、公園や道について知っておく」

「年に1、2回ブレーカーを落として停電状態を作り練習しておく」

「正確な情報を知るために、公的住宅、行政の出先機関、学校などの掲示板があるところを日ごろから知っておく」

「子どもと半径1キロメートルくらいを探検し、色々なことを知っておく」

 

 

 

~地震イツモノートについて~
jishin-itumo-note

あなたの今の防災・地震対策で準備は万全ですか?
では、【キモチの防災・地震対策】
       …大丈夫ですか?

地震イツモノートは、阪神・淡路大震災の被災者167人の体験や考えをもとに書かれた本当に必要な対策情報…『キモチの防災マニュアル』です。

私の読んだ感想ではありますが、こちら↓にあります。何かの参考になれば嬉しいです。

地震イツモノートを読み終えての感想
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。