地震イツモノート のまえがき

jishin-maegakiまずは、【地震イツモノート】のまえがきです。
どんな思いで作られた本なのかを知ることができます。
「経験した人たちのそれぞれのキモチと、それぞれの工夫をまとめたノートのようなもの」の記述で、私は買うことを決めました。

1995年1月17日、午前5時46分52秒。
その時から12年の歳月が経ちました。
高速道路の高架崩壊と都市の安全性。ビル・家屋の倒壊と救助。火災と消火活動。インフラの分断による混乱。避難所にのがれた人々の生活とケア。ボランティアの活動。阪神・淡路大震災は、近年の最も大きな都市直下型地震として、様々な切り口で記録され、あらゆる立場からの研究が進みました。

 

そしてたぶん、地震に強い家は増えました。
地震に強い技術も進んだと思います。
地震に対する知識もより深まったはずです。
では、私たちは地震に強い人間になったでしょうか。
この本は、そんな問いかけからはじまりました。

 

あの時、そこにいた人たちは何を思い、何をしたのか。そして今何をしているのか。12年経った今、もう一度、その時の人のキモチをまとめたい。そんな想いを共にするボランティアスタッフにより、なるべくたくさんの方々から体験を伺い、167人(アンケート117人、ヒアリング50人)の皆さんのお話が集まりました。

 

この本は被災者の皆さんの意見をもとに作られた、少し変った防災マニュアルです。決して、正解を集めた防災対策でも、これさえもっていれば安心という処方箋でもありません。阪神・淡路大震災を経験した人たちのそれぞれのキモチと、それぞれの工夫をまとめたノートのようなものです。

 

転載:地震イツモノート 阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル

 

 

 

~地震イツモノートについて~
jishin-itumo-note

あなたの今の防災・地震対策で準備は万全ですか?
では、【キモチの防災・地震対策】
       …大丈夫ですか?

地震イツモノートは、阪神・淡路大震災の被災者167人の体験や考えをもとに書かれた本当に必要な対策情報…『キモチの防災マニュアル』です。

私の読んだ感想ではありますが、こちら↓にあります。何かの参考になれば嬉しいです。

地震イツモノートを読み終えての感想
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。