マスコミへのつぶやき1

マスコミへのつぶやきは結構多かったですね。
どちらかと言うと苦情が多かったような。
特にヘリコプターの騒音と震災映像の垂れ流しの件に関してです。

 

●ヘリコプター関連 —————

マスコミはヘリコプターも車も頼むから使わないでくれ。
阪神大震災のときマスコミのヘリのせいで助けを叫ぶ声が聞こえず、マスコミの車のせいで物資が届かず、助かるはずの命が失われた。
頼むから、頼むからマスコミは徒歩で行け。
もういい。お願いだ。

テレビ局の方、知り合い居れば、伝わってほしい!
取材ヘリ、低空飛行機、ホバリングは直ちに辞めてください。
なるべくアップで撮りたい気持ちを自粛してください。
下にいる人にとって、すごくストレスです。
その振動で家が揺れます。
その風が下まで影響します。
現場の声が聞こえなくなります。

マスコミ報道関係者の方はヘリコプターでの被災地取材はやめてください。
ヘリの音で被害者の声が救助隊に聞こえず救助が遅れてしまいます。
これは阪神大震災の教訓です。
皆さんRTしてください!

地震を取材する報道のヘリコプターは最小限にして下さい。
阪神大震災で崩れた我が家はヘリコプターの振動でより傾き道路を塞ぎかけました。
是非申し合わせをして被害を広げないようお願いします。
特に夜間のヘリの音は避難中に恐怖を与えます。

【マスコミの皆様へ】災害発生から4日、自分の経験からも、すでに、ヘリコプターを使っての、空撮の意味はほとんどない、
少なくとも、視聴者にとっての意味はない、
マスコミのヘリを使って、医療品を病院に届けてほしいとの声に、新聞協会、民放連が、手を取って応えるべきではないか

色々調べていると、「報道関係者のヘリコプターが低空飛行するのは、阪神大震災の時から報道規制で禁止されている。報道ヘリの騒音でヘルプが聞こえなくなるのはデマ。」という事らしいが…
遙か上空を飛んでいたとしても、音が全く聞こえない事はないだろうし、被災者にストレスを与えているのは間違いないと思うんですよね。
もし、自分が被災者で上から撮られていると…見世物扱いされていそうで、いい気分はしないですね。
あ、浜崎あゆみさんもヘリコプター関連のことをリツイートしていたみたいです。

 

●震災映像関連 —————

テレビ局の方にお願いします。
今、地震ダイジェストなんて流さないでください。
情報が錯綜する!
振り返る余裕がないんです。
現場は今の情報が欲しい!
まだなにも終わってないんだ!

私たち被災者が知りたいのは過去の被害ではありません!
明日から生きるための救援物資や給水の配給場所、今後のライフラインの復旧予定です!
沢山の局で同じ過去の映像を流すより1局でもいいのでそういった情報を流してください

津波映像とか何度も流してないで、生活やサバイバルに必要な知恵とか何度も流せよ。
そういうのもあんたら得意だろ。
節約レシピとか驚き生活術みたいな奴。
大変な事は既によく分かっている。
泣いている人にまでマイク向けて聞き出した今の気持ちなんて要らないんだよ!

実際に仙台にいる人から、マスコミ各社へ…
⇒なぜ被災者の悲しみや泣き顔、辛さをわざわざ映像として流すのですか。
お願いです炊き出しの場所や救援物質の提供などについての情報も流してください。
悲しみを晒すより今何かを必要としてる方に手を差し伸べてあげて、と。
この声が届きますよう。

大手マスコミは、今までの被災経緯や死亡者数、被災者インタビューより、むしろ避難所、炊き出し所、物資不足地情報を報道して欲しい。
報道されない茨城を初め、今この瞬間に必要な情報を必要な人に届けて欲しい。
日本のマスコミの情報拡散力が今こそ必要とされている時はありません。
お願いします

2005年の死者8万人を出したパキスタン大地震を取材した経験をもつ者としてマスコミに一言いわせてください。
死者・行方不明者の数をカウントするよりも、被災して家も家族も亡くした人の数を把握することのほうが彼らを物質的・精神的にケアしていくという意味ではるかに重要です。

地震のニュース、地震の映像を観続けるだけで精神に大きなだダメージを与えます。
そろそろ通常の番組に切り替えるチャンネルがひとつふたつあってもいい。
これは不謹慎でもなんでもなく、視聴者(被災者を含む)の心を守るために必要なこと。
特に子供向け番組や音楽番組。

全てのテレビ局がほぼ同じ内容の映像を流し続けるのには、本当にうんざりでした。
確かに、情報が入らないから仕方ないのかもしれませんが…
恐怖心だけ煽られるのは、きついです。
大人ですらそう感じるのであれば、子供たちへの心的ストレスはどれほどか

もっと励ましや今後の対策情報とかを教えて欲しかったです。
応援・励ましの気分を明るくしてくれるプラスの情報の量、これがマスコミとツイッターの情報で一番違っていると思うところでした。
もちろん、マスコミにはマスコミの規制とか色々あると思うのですが…それを飛び越えれるマスコミに期待したいです。

 

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。