火事場泥棒に注意

嘘か本当か…この日本の一大事に、ボランティア詐欺、火事場泥棒、オレオレ詐欺が発生しているというつぶやきが見かけられました。
嘘(デマ)であっても悲しいし、本当に発生していても悲しいです。
しかし、悲しんでばかりもいられないです。
大事なことは【知る】こと。
知っていれば、注意・対策できますからね。
嘘かもしれないですが、頭の片隅に入れて警戒しておきましょう!

【火事場泥棒に注意】
震災後、慈善団体やNPOを名乗る数人のグループが、「災害支援」「就活研修」名目で、エコ製品の実演、屋内の清掃をしたいと住宅街を頻繁にまわっている。
友人宅や実家にも来た。
1人暮らしの方は慈善事業を名乗る者でも不用意に家の中に入れないように注意。(杉並、世田谷)

災害に乗じた寄付詐欺が起こり得ます。
信頼できる寄付サイトは、
GiveOne、CANPAN、JustGiving、チャリティプラットフォーム、Yahoo!ボランティア、NGOアリーナ、イーココロ! JANIC NGOサポート基金
などです。

ピンポンが鳴って、「東京ガスです、念のための点検と、食料お持ちしました」との怪しい男性がモニターに。
後ろに三人くらいの人影が見えます。
間に合っています、とガチャンしたら、しつこくピンポンしてきました。
今TLに流れている要注意の人?当方、港区在住です。
皆様お気をつけください。

東京ガスでーす。
玄関まで行き居留守したら、チッと舌打ち。
窓越しに見えた人数は4人組。
杉並区永福付近に在住の方気を付けて下さい。

ついに家にも来た!
「輪番停電の作業のため、おうかがいしました。」とピンポンする人たち。イ
ンターホンの画面に映ったのは深々と帽子被った男数人。
でも耳たぶにたくさんのピアス見えた。
作業があるなんて市役所から連絡ないし。
この手口で家に入られそうになる人多いらしい。
みなさんも気をつけて!

警察の振りをして救助活動の経費負担の名目で金振り込めって電話かかってくる詐欺が横行しているようです。
皆さん、気をつけて!そしてこの情報を広めてください。

玄関のドアノブがガチャガチャ鳴り母は私が帰宅したものと思って「はーい」と応えながら軽く扉を開けたら知らない人が「間違えました」と言って去って行ったようです。
私のマンションは近所付合いがしっかりしているので間違えるはずがなく恐らく空巣です。
停電で呼鈴使えないお宅の方は気を付けて!

こんの非常事態に、泣いた親のマネして振込み詐欺の電話がきた。
…悲しくなるオレオレ詐欺や振込み詐欺が増えてます。
ともかく、振込みってセリフが出たら、絶対にぜーーーったいに詐欺だと思って!!
振込む前に近くの人に相談!!
…まじでコレやってる奴に呪いあれ。(`д´ # )

最後の、泣いた親のマネしてって…
本当の話であれば、卑劣ですね。
震災で混乱している中なので、本当の親との確認が取りにくかったりしますし、親が心配で振り込む人がいそうで心配ですね。

 

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。