リツイート前に情報源の確認をしよう

東日本大震災でツイッターはその素早い伝達能力で、多くの有益な情報を共有できました。
しかし、同じようにデマも広がりました。
誤解によるデマの広がりだけでなく、中には悪意を持ってデマを流した人もいると思います。
ツイッター上には情報のソース(情報源)の確認を呼びかけるツイートが多数見られました。

リツイートの前に情報ソースの信ぴょう性の確認お願いします。
誤った情報は混乱を生む危険性があります。
悲しいことですが、デマを流される可能性もあります。
リツイートの前にまず確認をお願いします。

ネガティヴ・オピニオンやデマが急激な割合で散見されており、人的被害としての二次派生が憂慮されますので、特に個人毎に発信されたものに関しては感想や情報交換は別として、公的機関の情報が検閲された上でのものかどうか、エビデンス(証拠、裏付け)にくれぐれも気を付けて下さい。

【ご注意ください】東北地方太平洋沖地震に関連して、チェーンメール、電子掲示板、ミニブログ等で誤った情報が流れています。

報道や行政機関のウェブサイト等の信頼できる情報源で真偽を確かめるようお願いします。

ツイートのソースの確認は…自分も決して詳しいわけではないですが、次の事を心がけています。

  • ①似たような情報が、NHKや新聞などがないか確認
  • ②情報の第一発信者の確認

例えば「Aさん:東京●●区で、建物崩壊多数!」という情報があったとします。

①の似たような情報の確認は、検索などでNHKや新聞社のHPなどを調べて確認したりします。

その結果、検索結果がヒットしたならOKです。
もちろん、「Aさん:東京●●区で、建物崩壊多数!http://***」と既にソースが記載されていればいいんですけどね。

しかし、場合によってはツイッターの情報の方が、NHKなどより早く出回る時もあります。

その場合は、②の誰が情報の第一発信者なのか見る事をしています。
情報の第一発信者Aさんのプロフィールを見て、現在住んでる場所が東京であれば信頼できるのかなって思いますが…
住んでる場所が大分…だったら怪しい、誤情報・デマではないかな?っと考えるようにしています。

もし、情報がリツイート、しかも非公式リツイートで、第一発信者が誰か辿れないようになっていたら、ちょっとは疑ってみてくださいね。

公式リツイートだと、情報の発信元がそのままなので、情報の信頼性が高いのかなって考えるようにしています。

もちろん、プロフィールが詳しく書かれていない人、もしくは嘘を書いているかもしれません。

それに②をしても、ソースの確認が必ずとれる訳ではないですが……
しないよりはマシだと思い、リツイートする際は気をつけるようにしています。

また、デマをまとめてる際とがないかチェックもしたりするのもいいかもしれませんね。

いま流れているデマの良いまとめ。まずこれをチェックしてからRTを。
地震に関するデマ・チェーンメールまとめ http://t.co/zOSTycW

 

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。