子供たちへのメンタルケア

東日本大震災は大人であっても心にキズができています。
精神的な未熟な子ども達では、さらに深いキズを負っています。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)になる子もいると聞きます。
だからこそ、子ども達の心のケアをしっかりしてあげて、引きづらないようにしてあげましょうね!

そのためのヒントとなるつぶやきです。

心が傷ついた子供への対応

http://bit.ly/dN7td1

赤ちゃん返り(夜尿や甘え)、過度の反抗など見られますが一時的なものです。
また「地震ごっこ」「火事ごっこ」の一見不謹慎な遊びは、心を癒すための本能的な活動です。
叱りつけず優しく感情を受け止めてあげてください。

自分が阪神被災したとき園児だったけど、両親も混乱してて状況を教えて貰えなかった。
子供だって今どうなっているのか今後どうなるのか知りたいです。
子供だから親が守らなきゃって気持ちは分かりますが、一緒に生き残るためにきちんと状況を教えてあげてください。

うちの妹は阪神大震災で怖いのに泣かないようにしてたらPTSDになっちゃった。
震災で親をなくした子は、僕がいいこじゃなかったからだと責めてPTSDに。
怖かったり悲しかったら泣いていいし、こどもたちが泣けるように胸を貸してあげてほしい。

小さな子供がいる友人に、避難所で子供たちが気を紛らわすことができるものを非常袋に入れるよう言いました。
お絵かき落書き帳とかトランプとか。
自分が小さかった時、停電時に父がろうそくのあかりに向けて万華鏡で遊んでくれた事があります。
その記憶は恐怖心を散らした。

「地震の後、学校で考えてほしいこと」
千葉大学教育学部教授の藤川大祐さんが各地の教員やスクールカウンセラーに取り組んでほしいことを。

http://ow.ly/4dmz5

地震が起こった直後は、全ての放送局が被害状況・ダイジェストばかりやっていました。
津波に飲み込まれていく町の映像を見続けて、子どもに良い影響なんかあるのか…
って思っていましたら、案の定、悪い影響があるようです。
大人でも気分悪くなりますからね。
意識的に被災映像から離していくことが必要なようですね。

ずっと災害情報を見たり聞いたりしていると、小さな子供たちがしらない間に傷ついたりします。
関係者への心配もありますが、被災地以外のみなさんは、周りの家族、小さなお子様や高齢者などのケアをお願いします

子供にくだらないバラエティ番組は見せたくないとか言ってた親は、今の報道番組にも是非とも言って欲しいもんだ。
→【子供に震災の映像を繰り返し見せないで(9.11テロの経験から)

神戸の経験より。
あの時は、3日目くらいからニュースやる傍らでバラエティ番組も放送していたと思うの。
でもそれが不謹慎だとエラく叩かれてね。
でもね、あの時、ずっと家の中にいて、余震に震えるしかなかった私たちにとっては、ドラえもんの放送が、とても嬉しかったんだよ。

不謹慎…一部の方は【不謹慎病】っと言っていましたが、何でもかんでも自粛して日本全体が暗くなっては、災害からの復興は遠のいてしまいます…
子ども達とも取り合って、いつも通りの生活をしていくように心がけましょうね!

 

 

最近、仮面うつ病という軽度のうつ病の患者が増えてきているそうです。そこで、うつ病対策、もしくは改善に役に立つ「うつ病支援レポート」を見つけてきました。
普通のサラリーマンの方が、父が骨折から軽いうつになり、入院、寝たきりに…しかし、諦めずに試行錯誤しながら「うつ」と向きあっていった結果、見事に「うつ病を克服」していった。そんな、実践から生まれた情報が凝縮してあり、インターネットや本では分からない、非常に役に立つ内容でした。
まわりに悩む方・自分が悩んでいる方がいましたら、無料なので読んでみるといいですよ。

地震うつ病対策

 

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。