モヤシを作ろう ビン編2

moyashi2-00logoモヤシを作ろう ビン編1で紹介した「深谷のもやし屋」さんが
<もやしを育てよう!>というマニュアルを作っておられましたので、そちらも紹介します。
 参照元:まぼろしの「もやし」求めて・・・

<もやしを育てよう!>

もやしは家で誰にでも、5日くらいでできる。
必要なのは豆と水だけ。豆が豆自身の力で育っていく野菜だ。
君の家を“もやし畑”にしよう。
“自分でつくった・自分で育った”もやしは、また特別な味がするよ!

【身近なもので用意する】
◆口の広いビン
コーヒーやジャムのビンでOK。
直径10~16センチくらいの口の広いもの、深さは10センチ以上ないともやしがのびられない。

 

moyashi2-02◆豆
もやしになる
◆目のあらい布かガーゼ。
ふたにする。豆が呼吸できるように空気が通るもの。
◆輪ゴム
ふたをとめる。

 

【少し緊張しながらつくる】
mmoyashi2-03①豆をビンに入れて水でもどす
豆の量はビンの底がいっぱいになるくらい。
乾燥している豆を、水ですすぎ洗いしてしめった状態にもどす。
この時、水の量は豆の高さ4倍くらい。
一晩たつと、水をふくんだ豆から小さくて細い芽が出る。
ふやけないように、目が出たら水は捨てて水びたしにはしないこと。

 

moyashi2-04②豆が育つのをじっと待つ
光を当てないようにふたをして、室温で育つのをじっと待つ。
光が当たると緑の豆の木になってしまうし、冷えてはいけないので冷蔵庫に入れないように。

 

moyashi2-05③水で発芽熱をさます
成長している間は発芽熱が出るので、1日2~3回水ですすいで熱をさます。
水の出し入れはふたはしたままで大丈夫。
この水には栄養があるので、花や植木にやったり、お茶をいれるのに使うとイイ。
水をやり過ぎると、豆が自分でいのちを育てる力がなくなってしまう。

 

moyashi2-06④成長をたしかめる
3日目くらいから食べられる。
家庭で作るなら5日目あたりがいちばん。
いきのいいもやしは、光に当たるとすぐ緑の豆の木になるので注意が必要だ。

 

【笑顔で食べる】
自分でつくったもやしを食べると思わず笑顔になる。
育てたそのままの味をいかす料理のしかたを考えてみよう!

moyashi2-07
【みんなに見せびらかす】
もやしをつくったら、友だちにもつくり方をおしえてあげよう。

できたもやしを形態などで写真をとって飯塚商店にメールで送ってください。
ホームページに掲載します。

飯塚商店ホームページはhttp://livingfoods.tonosama.jp/。「萌える豆魂」で検索してください。

こちらが元のマニュアルです。
紹介するにあたって、分割させていただきました。

 

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。