モヤシを作ろう ビン編1

moyashi-00被災した地域では食料が少なくて大変そう…
そう思っているとこんなツイートが流れてきました。

食料買えないの大変そう。
簡単に育てられて簡単に食べられる食べ物はないのかな。モヤシとか。。

モヤシ共々、育てやすい食料なので、これはいける!

ほうほう…モヤシを作るか…
という事で作り方を調べてみました。

すると画像入りでしっかり教えてくれているブログがありました。
しかも、ブログの管理人さんは、実際に埼玉県深谷市でもやし屋をやっておられる方です。
非常に分かりやすかったので紹介させていただきます。
 参照元:まぼろしの「もやし」求めて・・・

 

—–転載ここから——-

☆もやし栽培の方法

○用意するもの:300mlほどのガラスのビン。コップ、ペットボトルでも可。
moyashi-01
1)ビンにもやしの豆、約30gを入れて水(17~20度くらい)を注ぎ、そのままそっとしておきます。

moyashi-02
2)この状態から約半日(12時間~15時間)すると、豆の一部が水を含んで殻がわれてきます。

写真のような豆が出てきたら、水を捨ててください。
そして光があたらないように室内の暗い場所に設置します。(箱の中にいれても大丈夫です)

3)その後は豆を乾かさぬ程度に1日に数回、豆を水ですすいで、そして暗い場所に戻してください。基本的にその作業の繰り返しです。

 

moyashi-03
4)4日目の写真です。
これで十分食べられます。

moyashi-04
5)その後光を当てると黄色かった子葉が光合成で緑色に変わり
そのまま伸ばすと・・・

moyashi-05
・・・と、なります。もちろん光に当てなくてもきちんと育ちます。

—–転載ここまで——-

モヤシの種にはブラックマッペ(黒豆)を使っておられます。

ブラックマッペはミャンマー産の豆で、一般的には少数品種ですが、「緑豆もやし」より身は細いながら、味が濃いそうです。

管理人さんも

【もやしは原料となる豆(ブラックマッペ、緑豆)と水、容器となる空き缶、ペットボトル、プラスティックトレーなど、それと約二十度のあたたかさがあれば、誰にでも一週間程度で栽培できる野菜です。】

っと被災地の方に向けてブログで呼びかけているように、作りやすく、そして栄養価もあります。

この水だけで毎日ぐんぐん育っていく「もやし」を見ることで、被災地域の方に【生命のたくましさ】【生きる元気】が一緒に育てばいいなと思います。
ぜひ、作り方を覚えて、作れる機会にどんどん作り広めていきましょう!

 

作り方を教えていただいた、管理人の「深谷のもやし屋」さん、ありがとうございます。

 

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. 2011年 4月13日