空き缶でご飯を炊く1

避難所での生活では不自由な生活を強いられる事が多いですよね。
東日本大震災でも食料が足りなくなる地域・避難所も多数ありました。

そんな時にひょっとしたら役に立つのかも…というつぶやきを見つけました。

【空き缶で米炊き方1】
350mlの空き缶に米1合用意。
空き缶の上部をナイフで切り取る。
空き缶に米を入れ第二関節まで水に浸す。
そのまま30分、米に吸水させる。
1/4に切った新聞紙を1/8に折りたたんで水に濡らし空き缶の蓋にする。
小石を重しに乗せる。
これで即席炊飯器完成。

【空き缶で米炊き方2】
一枚の新聞紙を1/4 に折り棒状に巻いてヒネって薪を作る。
レンガ等をコの字型に置きその中に新聞薪5本並べるその上に更に5本格子状に並べ4段の新聞薪を作る。
レンガに金網を乗せ空き缶を乗せ新聞薪に火を付ける。
新聞紙20枚分を燃やしきる。
約12~13分で炊ける。

【空き缶で米炊き方3】
炊けたら金網から下ろして蒸らして炊け具合を見て食す。

もちろん、状況によっては新聞紙が無い、空き缶が無い事などあると思いますが…
このような米を炊く技術を押さえておけば、きっと役に立つことがあるのではないかと思います。

 

 

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。