東日本大震災から1ヶ月の石巻市

ishinomaki02東日本大震災から1ヶ月ほどして、私の知り合いが富山のとあるボランティア団体の方々と一緒に被災地の宮城県石巻市に炊き出しボランティアに行ってこられました。

その時に今の石巻市の様子を撮影してきてくれましたので、紹介します。

 

言葉が詰まる被害の後…
1month-higai01

 

石巻市はハリケーンが通った後のようで、家の瓦礫、壊れた車などが散らばっています。
1month-higai02 1month-higai03
1month-higai04 1month-higai05

 

フロントがバラバラの車、横転するトラック、家にささる車、木に引っかかる車など…
1month-higai06 1month-higai07
1month-higai08 1month-higai09
1month-higai10 1month-higai11
1month-higai12 1month-higai13
1month-higai14

 

津波のせいで1階には何も無くなっている「ファッションセンターしまむら」や「サンクス」など
1month-higai15 1month-higai16
1month-higai18 1month-higai17
1month-higai19 1month-higai20

 

津波の威力を物語るように、同じ方向に折れ曲がった柱。
1month-higai22

 

道路に漁船が撤去できずに置かれている
1month-higai23 1month-higai24
1month-higai26 1month-higai25
1month-higai27

 

2階の窓が汚れています。つまり津波は2階の高さまで到達している。
1month-higai29 1month-higai31

 

溢れるゴミの山
1month-higai32 1month-higai33

 

満潮時に水が溢れてくる…
1month-higai34 1month-higai35

 

これが東日本大震災から1ヶ月の宮城県石巻市の現状です。
1ヶ月が過ぎれば多少は復旧が進んでいるのかと思っていたのですが…
本当にどこから手をつければいいのか分からないという状況だそうです。

石巻市までの道については、もうかなり綺麗になっているようです。
このボランティア団体が被災地域に行くのは、これで5回目だそうですが、1回目の時は、本当に道が酷い状況だったそうですが、自衛隊の方や皆の力で一生懸命綺麗にしたそうです。

また、1回目に来た時は道端に、遺体などもあったそうです…本当にひどい状況だったと、最初からボランティアに参加している方が話していたそうです。

ボランティアの受け入れ態勢などが整ってきており、これからが我々のようなボランティアの支援が必要になっきます。
日本人の皆のちょっとずつの力を合わせて、被災地域の復興を目指したいですね!!

今回の東日本大震災の支援は長期的なものになっていきます。
「支援したい!」「被災地復興のために手伝いたい!と」という想いを風化させてしまわないためにも、ぜひ継続的な支援についてもお読みいただければ嬉しいです。

 

 

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。