地震対策・防災用品グッズ・地震保険の情報を集めてます

地震保険の基礎知識・選び方

地震対策,防災用品,地震保険,対策グッズ

地震保険に加入していない方、結構いらっしゃるかと思います。ですが、いざ地震が起きた時に、本当に役に立ち、ありがたみを感じることとなります。

 

今回は、ぜひ参考にして欲しいと思い、地震保険の基礎知識・選び方を3つのポイントに沿って紹介させて頂きます。

 

 

地震保険とは?

地震対策,防災用品,地震保険,対策グッズ

地震保険は、地震による津波を原因とする、火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する、地震災害専用の保険です。3.11で地震、さらにそこから発生する可能性のある津波の恐ろしさは十分理解できました。家財全てがなくなり無一文にならないために重要なこの地震保険ですが、単独では加入できず、火災保険とのセット加入が必須になっているパターンがほとんどです。
そして、建物や地域によって違いはありますが、多くは金額にして火災保険の30〜50%範囲で保障され、最大で5千万円まで設定できます。

 

まず、意識して欲しいことは、地震保険と火災保険は別物で、地震で発生した火災には火災保険が適用されません。地震保険と比べて、火災保険にのみ加入者は多いと思いますが、今一度保険を見なおしてください。

 

 

なぜ地震保険が必要なのか

地震対策,防災用品,地震保険,対策グッズ

地震保険に入っているかどうかで、地震後の暮らしが大きく変わってきます。地震によって発生した津波・火災・流出などの災害は、地震保険でしか対応できないので、全壊した家の復旧にどうしても地震保険が必要になってきます。

 

地震保険に加入していない場合、地震前に購入した住居ローン、さらに追加して地震後の新しい住居ローン・または賃貸料の二重支払いとなることを想定しましょう。この二重支払いによって、自己破産するケースもみられます。

 

状況によってはローンの支払いを1〜3年伸ばしてくれることもあるようですが、時期が来れば普通に支払いを求められます。かなり厳しい支払いになりますし、給料も地震前と同じだけもらえているとは限りません。全く違う職種にいることもあるので、厳しい状況になる可能性は高いです。

 

 

地震保険はしっかり考えて選ぶ

地震大国日本では必須な地震保険ですが、実は様々なパターンの保険があります。保険料が月々安いけど家の半額分の支払いまでのものや、保険料は高いが全額の保障をするものなど。

 

地震対策,防災用品,地震保険,対策グッズ

自分の家族構成・収入で必要になるものが異なるので全ての人に正しいということはできませんので、だからこそ色んな情報を集める必要があるのです。

 

地震保険で一番してはいけないことは、営業マンの言葉を全て信じて、さっさと加入してしまうことです。自分の暮らしをしっかり意識して、何が必要で不要か取捨選択していきましょう。
面倒な作業になるかもしれませんが、一生を左右しかねない選択なので、じっくり選ぶようにしましょう。

 

選ぶ作業を少しだけでも楽にするために、下のような無料の保険見積もりサイトを利用していく事がオススメです数回のボタンで何社も比較して選ぶことができるので、1社1社回って資料を請求するよりかなり便利です。

 

↑上記のサイトの使い方をこちらでも少し説明しているので一度ご覧になると良いですよ。
地震保険をチェックしよう

 

 

 

参考記事:http://oshiete.goo.ne.jp/liferecipe/docs/25505/

地震保険の基礎知識・選び方関連ページ

地震保険と地震補償保険の違いは?
災害や地震に襲われた時、必要になってくる防災用品。このカテゴリーでは特に地震保険について調べています。 今回は地震保険と地震補償保険の違いについてです。
地震保険と旧地震保険
災害や地震に襲われた時、必要になってくる防災用品。このカテゴリーでは特に地震保険について調べています。 今回は地震保険と旧地震保険についてです。