地震対策用品・防災対策グッズの情報を集めてます

保存水と水浄化グッズを準備して地震対策

地震対策グッズ,防災用品,水,浄化,保存水

災害時に、普段の生活ができなくなった時に無くて一番困るのが【水】です。蛇口をひねれば水が出てくる事に慣れている現代人にとっては水の確保は大変です。

 

人間は1日3リットルの『飲料水』が必要です。『生活用水』(料理や手洗い、トイレ、お風呂等)となると6リットルが必要最低限な量となります。
水の備蓄や、イザとなった時の水浄化の道具を揃えておきたいですね。気になる備蓄用の保存水水浄化グッズの体験レポートです。

 

水に関する豆知識
  • 被災時に給水を受けられる様に、ポリタンクなど清潔でフタのできる容器で準備する。
  • 飲料水を汲み置きする場合は、3日に1度は組み替える。
  • 浄水器を通すと塩素効果がなくなるので、毎日くみ替える。
  • 水を保存する場合は、直射日光を避ける。
  • 災害が起きたら、まずは風呂などに水を溜める。災害直後もしばらくは水道が使えたりする。

地震対策に保存水・水浄化グッズの体験レポートまとめ

生命の水

地震対策グッズ,防災用品,水,浄化,保存水

保存水とコンビニで市販されているミネラルウォーターと比較して『味は?』『成分は?』『保存期間は?』を調べている。
レポートでは【生命の水】の保存期間は5年と記述されているが、商品詳細を見ると10年となっているので、商品の改善があったのかも?保存期間が10年もあり、期限切れによる入替の経費が大幅削減できる。

体験レポートはこちら


スーパーデリオス

地震対策グッズ,防災用品,水,浄化,保存水

水を確保するための強い味方。携帯浄水器で有名なスーパーデリオス。体験レポートでは池の水を浄化して飲んでいる。
サイズは細いペットボトル程度(折り畳む事もできる)と小さいが200リットルも浄化が可能。大きな汚れはもちろん、大腸菌・サルモネラ菌も取り除ける。嫌な臭いも除去するので、浄化された水は飲みやすい。
水を入れて押し出すだけの簡単手順で、コップ1杯程の水を浄化するのに5分もかからないので、キャンプなどでも十分使える。

体験レポートはこちら


ドリップデリオス

地震対策グッズ,防災用品,水,浄化,保存水

浄化機能は上で紹介したスーパーデリオスと同じだが、ろ過総量が大きい(1000リットル浄化可能)・パック型の形で吊るした時の水圧で浄化可能、などの違いがある。
時間をかけて大量の水を浄化したい場合はこちらを利用すると良い。しかし、スーパーデリオスに比べて浄化に時間がかかる点や使い勝手に問題があるので、使う場合は工夫した方が良い(体験レポートで指摘されている)。
浄化作業中も別の作業ができるので、その点は非常に便利。

体験レポートはこちら


ストロー型浄水器MIZU-Q

地震対策グッズ,防災用品,水,浄化,保存水

ストロー型浄水器という異色のアイテム。池の水などを直接ストローで飲む様に使うので、使う時に勇気がいる。
実際に使う場合はセットになっている『水質浄化剤』を入れてから、浄化機能付のストローで吸い込むので、2段階の浄化作業となり、塩素、臭気、濁り、大腸菌などの汚染物質を除去。
これ1つで水100リットル(コップ500杯分)の水が確保でき、携帯性も高いので非常持ち出しバックに忍ばせておきたい。

体験レポートはこちら


池の水を飲むのが怖いという方へ

池の水やプールなどの汚れた水は、例え浄化して飲むとしても、抵抗感や恐怖があるかもしれません。しかし、必ずしも池の水に使う必要は無いのです。ちょっと時間が経ってしまったお風呂の溜め水を飲む時にも水浄化グッズを通すことで、より安全に飲むことが出来ます。使い所を限定して自分が安心できる範囲で使っていけば良いです。

 

まず揃えるなら…

3つの水浄化グッズがありますが、最初に買うならスーパーデリオスがオススメ。使い勝手が格段に良く、ろ過容量も十分、さらにコンパクトで非の打ち所が無い非常に良い製品だからです。
ドリップデリオスは家族が多い場合やキャンプに行く頻度が高い場合に、ストロー型のMIZU-Qは本当の携帯用として、スーパーデリオスの補助的なアイテムと考えておくのが良いと思います。

今回紹介した地震対策グッズ:保存水・水浄化グッズ

生命の水

スーパーデリオス

ドリップデリオス

販売価格 5,980円(税込)

販売価格 3,300円(税込)

販売価格 3,885円(税込)

ストロー型浄水器MIZU-Q

販売価格 1,890円(税込)

 

楽天・Amazon・ヤフーの3つでチェックしてみるとどこかに在庫がりますよ。
ひょっとしてらかなり安く見つかるかもしれません(^^)

※価格は管理人が調べた時点のです。現在は違っているかもしれません。
ご了承ください。

楽天最安値チェック(在庫有り)

Amazon最安値チェック(在庫有り)

ヤフー最安値チェック(在庫有り)

 

 

 

特集:放射能汚染してない水
放射能汚染の心配のないウォーターサーバーです。検査機関によるチェックや、舞い散るホコリに付着する細菌・放射能物質も独自の構造でシャットアウト。シェアはまだ少ないですが、かなり優秀なウォーターサーバーです。
すでにウォーターサーバーをセットしている人も一度、ご覧になると宜しいですよ。

保存水と水浄化グッズ関連ページ

地震対策セット(避難用)
これ1つで防災対策に必要なグッズが揃っている【地震対策用品セット】です。ただ、このセットを買えば絶対安心というわけではないので、少し追加が必要です。
地震対策セット(救助用)
今回は地震対策セットシリーズの中で救助用グッズを集めたものです。地震直後の崩れた建物から逃げ出す、または助けるために必要な用品がまとめられています。
非常食(主食:米・パン等)
地震や災害直後は3日間は食料は供給できない状態になることがあるので、そのために非常食を備蓄しておきましょう。今回は主食系の非常食についての体験レポートです。
非常食(副食:野菜・シチュー)
前回の地震対策の非常食・主食系食料に続き、今回は副食系の非常食の体験レポートです。3日分は備蓄できるようにしましょう。
火関連グッズ
地震や災害が起きた時、ガスがいつの間にか充満しており、火が火災や爆発の原因になる事があり、非常に脅威です。しかし、火は食べ物の調理のために、体を温めるのに必要な命を繋ぐものでもあります。 今回はガスバーナーや消化器などの火に関する地震対策グッズの紹介です。
光関連グッズ
地震など災害時には火事による被害がかなり占めます。原因が火を点けた際のガスの引火だったりします。そうならないためにもライトを準備しておきましょう。今回は光やライトなどの地震対策グッズ体験レポートです。
情報関連グッズ
震災時に情報が絶たれてしまうと、どこが危険なのか安全なのか、救助がいつなのか分からなくなってしまいます。そんな時に、ラジオなどの情報ツールが必要になります。今回は、情報関連グッズの体験レポートです。
避難用ハシゴ
地震など災害時にひょっとしたら2階以上の場所にいて、外に逃げれないかも…そんな事を想定できる場合に、魔法のアイテムになるかもしれない緊急避難はしご。屋内にコンパクトに格納しておけるタイプが続々出てきています
家具転倒防止
災害や地震に襲われた時、必要になってくる防災用品。 それらの情報をまとめてみました。 災害時に必要な心構えなどの情報もあります。