地震対策用品・防災対策グッズの情報を集めてます

地震発生直後の対策:まず必要になる救助道具セット

地震対策グッズ,防災用品,セット,災害救助

地震などの災害が発生した場合、直後に必要になってくるアイテムはハンマーやバールなどの救助道具になってきます。
壊れた家からの脱出や避難所に行くために使う事があるからです。

 

そんな時に一つは用意しておきたいのが救助用アイテム・簡易脱出道具です。
プロが選ぶ道具なので持っていればひとまず安心できます。
もちろん工具としても使えます。

 

レスキューツールキットRS-120

レスキューツールキットRS-170D台車付

地震対策グッズ,防災用品,セット,災害救助 救助用品1

体験レポートはこちら

 

全体の重さは約7.5kgで13種類の救出に役立つアイテムが入っている救助セット。55cm×25cmの収納BOXは置き場所に困らないサイズであるにも関わらず、救出に必ず必要になってくるハンマーやバール、さらには斧まで入っている。作業者の安全のためにも防塵メガネやマスクも付属。

 

斧やハンマーは50cmほどでそれほど大きくはなくが、プロも普段から使う工具なので家庭で置いておくには十分な機能を発揮する。ケースも超高耐衝撃性ポリマーを使っているので、耐久性がある。

 

幅530×奥行き253×高さ220mm

地震対策グッズ,防災用品,セット,災害救助 救助用品2

体験レポートはこちら

 

重量34kgの12種類の救助アイテムが入っているセット。1m近い長さのショベルやツルハシなども入っており、災害時の家への閉じ込めや物を取り出す時など様々な場面に対応することができる。重量は34kgあるが台車付きで、とっさの時でもさっと運べる。

 

収納BOXは1mあるので家庭で持つにはちょっと大きすぎる印象はあるが、自治体や自主防災会などで救助道具を持ちまわり管理している所で非常に重宝しているようです。マンションや自治会・学校などに1つでもあると安心できる。

 

幅100×奥行き350×高さ170mm


レスキューツールキットRS-120

    ------両方にある道具------

  • バール450mm
  • ボルトクリッパー350mm
  • 折込のこぎり240mm
  • 両口ハンマー1.3kg
  • レスキューアッキス
  • 防塵メガネ
  • 軍手
  • 標識ロープ9mm×20m
  • ------RS-170に無い------

  • 万能はさみ
  • 差替ドライバー
  • ペンチ150mm
  • 懐中電灯(単一電池2本付)
  • 防塵マスク(2枚)
レスキューツールキットRS-170D台車付

    ------両方にある道具------

  • 平バール900mm
  • ボルトクリッパー600mm
  • 折込のこぎり240mm
  • 両口ハンマー3.6kg
  • レスキューアッキス
  • 防塵メガネ2個
  • 皮手袋2双
  • 標識ロープ12mm×20m
  • ------RS-120に無い------

  • 丸ショベル
  • 掛矢150mm
  • バチヅル1.5kg
  • 台車
  •  


中に入っている道具を見てわかるように、 レスキューツールキットRS-120 には細かい作業をするためのハサミ・ドライバー・ペンチが入っています。
逆に、 レスキューツールキットRS-170D台車付 にはシャベルやバチヅル(ツルハシ)など、大きな作業をするための道具が入っています。
自分たちに必要なセットはどちらかを考える基準にしていただければいいと思います。

今回紹介した地震対策グッズ

※商品の値段が変更し、当ページと異なる場合があります。

レスキューツールキットRS-120

販売価格 33,000円(税込)

 

レスキューツールキットRS-170D台車付

販売価格 95,000円(税込)

 

楽天・Amazon・ヤフーの3つでチェックしてみるとどこかに在庫がりますよ。
ひょっとしてらかなり安く見つかるかもしれません(^^)

 

 

楽天最安値チェック(在庫有り)

Amazon最安値チェック(在庫有り)

ヤフー最安値チェック(在庫有り)

 

 

特集:放射能汚染してない水
放射能汚染の心配のないウォーターサーバーです。検査機関によるチェックや、舞い散るホコリに付着する細菌・放射能物質も独自の構造でシャットアウト。シェアはまだ少ないですが、かなり優秀なウォーターサーバーです。
すでにウォーターサーバーをセットしている人も一度、ご覧になると宜しいですよ。

地震対策セット(救助用)関連ページ

地震対策セット(避難用)
これ1つで防災対策に必要なグッズが揃っている【地震対策用品セット】です。ただ、このセットを買えば絶対安心というわけではないので、少し追加が必要です。
非常食(主食:米・パン等)
地震や災害直後は3日間は食料は供給できない状態になることがあるので、そのために非常食を備蓄しておきましょう。今回は主食系の非常食についての体験レポートです。
非常食(副食:野菜・シチュー)
前回の地震対策の非常食・主食系食料に続き、今回は副食系の非常食の体験レポートです。3日分は備蓄できるようにしましょう。
保存水と水浄化グッズ
避難所生活で一番困った事は?の質問で必ず上位にくるのが【水の確保】です。地震対策グッズ紹介で、今回は保存水とミネラルウォーターの比較と、水確保に役立つ水浄化グッズの体験レポートです。
火関連グッズ
地震や災害が起きた時、ガスがいつの間にか充満しており、火が火災や爆発の原因になる事があり、非常に脅威です。しかし、火は食べ物の調理のために、体を温めるのに必要な命を繋ぐものでもあります。 今回はガスバーナーや消化器などの火に関する地震対策グッズの紹介です。
光関連グッズ
地震など災害時には火事による被害がかなり占めます。原因が火を点けた際のガスの引火だったりします。そうならないためにもライトを準備しておきましょう。今回は光やライトなどの地震対策グッズ体験レポートです。
情報関連グッズ
震災時に情報が絶たれてしまうと、どこが危険なのか安全なのか、救助がいつなのか分からなくなってしまいます。そんな時に、ラジオなどの情報ツールが必要になります。今回は、情報関連グッズの体験レポートです。
避難用ハシゴ
地震など災害時にひょっとしたら2階以上の場所にいて、外に逃げれないかも…そんな事を想定できる場合に、魔法のアイテムになるかもしれない緊急避難はしご。屋内にコンパクトに格納しておけるタイプが続々出てきています
家具転倒防止
災害や地震に襲われた時、必要になってくる防災用品。 それらの情報をまとめてみました。 災害時に必要な心構えなどの情報もあります。