地震対策用品・防災対策グッズの情報を集めてます

地震対策に非常食&保存食(米・パンなどの主食系)

地震対策グッズ,防災用品,非常食,米,パン

地震や災害時などで必ず必要になってくるのが非常食です。食料の供給ラインが復旧するのに3日間かかるので、その期間を耐えれる準備はしておきたいですね。
まずは非常食に必要なポイントを幾つか上げます。これらを読み・考えながら、体験レポートなどを読んでもらえれば、自分たちに必要なものが見えてくると思います。

 

非常食は、保存期間の長いものを選択
  • 缶詰は保存期間が長く便利。また、壊れにくい。
     調理・温めずに食べれる 
     缶切りなしで開けられる  を選ぶ。
非常食は色んな種類を用意し、飽きないように工夫
  • パック系の保存食は携帯が楽で様々な味がある。
  • 子供がいる場合、子供が喜んで食べれるものを準備しておきたい。
  • 老人がいる場合、カンパンではなくビスケットを用意したい。固くて食べられない。

これらの防災用の非常食は水が必要なこともあるので、一緒に保存水も十分に備えておきましょう。


地震対策に非常食・保存食の体験レポートまとめ

地震対策グッズ体験レポートの紹介に、米・パン以外にもラーメンや自衛隊弁当など変わった商品もありましたので、それらも紹介していきます。

 

尾西の白米(アルファ米)

地震対策グッズ,防災用品,非常食,米,パン アルファ米

水だけでも調理できるご飯『アルファ米』。パック系の保存食で6種類の味を実際に試食している。
作り方が細かく書いてあるのはもちろん、水で作った場合、お湯で作った場合など色々試されており、購入前のちょっと気になる所を解決してくれます。
使う水の量も、6種類作って500ml程度と少なく、実際の災害時は水が貴重なので少量で調理できるのは安心。

体験レポートはこちら


パンの缶詰

地震対策グッズ,防災用品,非常食,米,パンの缶詰

テレビでも話題になっているパンの缶詰。体験レポート1では3つのメーカーの比較を、体験レポート2では1メーカーの3種類の味を比較している。
どの缶詰もプルトップのように空けることができる。アルファ米と違い、すぐに食べれることも嬉しい。パンによってパサパサで水がないと食べにくいのもあるが、味に工夫がしてあり(オレンジ味・おいも味など)普通に美味しく、常備食にも使える。また、アルファ米よりカロリーが高い。被災時にはカロリーの高い方がエネルギー補給ができて良い。保存期間が3年の製品もあるので注意する。

体験レポートはこちら

体験レポート2はこちら

博多ラーメン・雑炊(豚骨チゲ味)の缶詰

地震対策グッズ,防災用品,非常食,米,パン ラーメン 雑炊

こちらも異色の缶詰。さらに変わったことにラーメンの麺と雑炊の米にあたる部分がこんにゃくで作られ、独特の触感が楽しい。両方ともプロトップ型で手で開けれて、スプーンも付くので缶詰1つでOK。温めずに食べても味は美味しい(温めれればより良い)。
ただ、雑炊のチゲのにおいが強いので、避難所などで食べる場合は注意。また、両方ともカロリーが低く(ラーメン:92.8kcal,雑炊:166kcal)栄養補給という点では物足りなさも。
しかし、色んな味を用意しておくことは災害時のストレス解消に良いので、準備してあると嬉しいかも。

体験レポートはこちら


洋風とり雑炊・えび雑炊

地震対策グッズ,防災用品,非常食,米,パン 雑炊

特筆すべきは保存期間の長さと量。消費期限10年(賞味期限25年)。1缶大きさ約10cm×11cm、重さ400gに、10食分。調理も水orお湯を混ぜる手軽さ。味も野菜がたっぷり入って美味しい。
残念な事に、この缶詰1つで完結せず、道具(水や鍋、容器・スプーン等)や調理に水が結構必要(300-.500ml)。値段も高い(6缶セットで売っていたりするためもあるが…)。
しかし、これ1つ備えておくと安心できる高品質な非常食といえる。体験レポートでは、詳しい作り方の手順や、味の感想、製品の長所・短所のまとめがあり非常に役立つ。

体験レポートはこちら


自衛隊食

地震対策グッズ,防災用品,非常食,米,パン 自衛隊飯

陸上自衛隊の『戦闘糧食』として正式に採用(年間40万食を納入)。どんな悪い状況でも調理が簡単で必要なカロリー、栄養バランスが確保できて、かつ保存性が高い事が『戦闘糧食』に必要なので、まさに災害時の非常食にぴったりのアイテム。
保存は製造から3年で、携帯もしやすいようコンパクトになっている。投下試験もされているので、イザ使う時に中身がでているということはなさそう。
今は、体験レポートとはメニューなどが若干変わっている。商品へのリンクもなくなっているので、下を参照してください。
●ミリ飯・自衛隊食
【ミリメシ丸かじり おもちセット】・【ミリメシ丸かじり ハンバーグ】
【ミリメシ丸かじり クッキーセット】・【ミリメシ丸かじり あつあつリゾットセット】

 

体験レポートはこちら


自衛隊弁当食

地震対策グッズ,防災用品,非常食,米,パン ミリメシ

上と同じ会社が作っている。こちらは全てに加熱剤が付属し、150ccの水を使って20分の加熱で温かいご飯が食べれる。味の方も及第点以上と体験レポート。
ただ、若干割高な点もあるが、強力な加熱剤があるので、一緒にスープなど他の食材も温める事ができる。避難所ではとにかく温かい物が喜ばれるので、ぜひ準備しておきたい保存食。食器も付いているので食べ終わった後も役に立ちそう。

体験レポートはこちら


 

今回紹介した地震対策グッズ:非常食

※商品の値段が変更し、当ページと異なる場合があります。

西尾のアルファ米シリーズ

パンの缶詰シリーズ

ラーメン缶・雑炊缶

販売価格 280円(税込)〜

販売価格 340円(税込)〜

販売価格 368円(税込)

雑炊はこちら

(※雑炊缶はなくなったかも?)

えび雑炊・とり雑炊

自衛隊食
(ミリメシ丸かじりシリーズ)

自衛隊弁当食
(あつあつ防災弁当)


販売価格 46,200円(税込)

(6缶セット)


販売価格 20,160円(税込)〜

(24個セット)


販売価格 21,000円(税込)

(20個セット)

 

楽天・Amazon・ヤフーの3つでチェックしてみるとどこかに在庫がりますよ。
ひょっとしてらかなり安く見つかるかもしれません(^^)

 

 

Amazon最安値チェック(在庫有り)

ヤフー最安値チェック(在庫有り)

特集:放射能汚染してない水
放射能汚染の心配のないウォーターサーバーです。検査機関によるチェックや、舞い散るホコリに付着する細菌・放射能物質も独自の構造でシャットアウト。シェアはまだ少ないですが、かなり優秀なウォーターサーバーです。
すでにウォーターサーバーをセットしている人も一度、ご覧になると宜しいですよ。

非常食(主食:米・パン等)関連ページ

地震対策セット(避難用)
これ1つで防災対策に必要なグッズが揃っている【地震対策用品セット】です。ただ、このセットを買えば絶対安心というわけではないので、少し追加が必要です。
地震対策セット(救助用)
今回は地震対策セットシリーズの中で救助用グッズを集めたものです。地震直後の崩れた建物から逃げ出す、または助けるために必要な用品がまとめられています。
非常食(副食:野菜・シチュー)
前回の地震対策の非常食・主食系食料に続き、今回は副食系の非常食の体験レポートです。3日分は備蓄できるようにしましょう。
保存水と水浄化グッズ
避難所生活で一番困った事は?の質問で必ず上位にくるのが【水の確保】です。地震対策グッズ紹介で、今回は保存水とミネラルウォーターの比較と、水確保に役立つ水浄化グッズの体験レポートです。
火関連グッズ
地震や災害が起きた時、ガスがいつの間にか充満しており、火が火災や爆発の原因になる事があり、非常に脅威です。しかし、火は食べ物の調理のために、体を温めるのに必要な命を繋ぐものでもあります。 今回はガスバーナーや消化器などの火に関する地震対策グッズの紹介です。
光関連グッズ
地震など災害時には火事による被害がかなり占めます。原因が火を点けた際のガスの引火だったりします。そうならないためにもライトを準備しておきましょう。今回は光やライトなどの地震対策グッズ体験レポートです。
情報関連グッズ
震災時に情報が絶たれてしまうと、どこが危険なのか安全なのか、救助がいつなのか分からなくなってしまいます。そんな時に、ラジオなどの情報ツールが必要になります。今回は、情報関連グッズの体験レポートです。
避難用ハシゴ
地震など災害時にひょっとしたら2階以上の場所にいて、外に逃げれないかも…そんな事を想定できる場合に、魔法のアイテムになるかもしれない緊急避難はしご。屋内にコンパクトに格納しておけるタイプが続々出てきています
家具転倒防止
災害や地震に襲われた時、必要になってくる防災用品。 それらの情報をまとめてみました。 災害時に必要な心構えなどの情報もあります。